インターン・アメリカで働く

こんな時代だからこそ、やる気のある人はどんどん海外で活躍してほしい。

巷で紹介されているようなアルバイトレレベルのインターン体験ではなく、実力や経歴にふさわしい仕事に挑戦したい人たちを応援します。

 

①インターンシップ
ネット検索するとアメリカでインターンシップを紹介する会社が出てきます。
実際にはアルバイトのようなお仕事であることが多いようです。

 

UCSDのビジネスマネジメントプログラムは
社会人経験のある人のためのプログラム。
世界各国でしっかりとした社会人経験があることを前提に
企業側は受入を考慮してくれます。

これまでの学生がインターンを経験した企業・団体リストから
自分が気に入るインターン先を選んでもよし
あるいは自分が行きたい業界の企業・団体を探してもよし。

 

UCSD ビジネスマネジメントサーティフィケートプログラム 

 

②アメリカで働く
ビジネスコースや英語教授法コースを9ヶ月以上受講した場合

卒業後にアメリカで1年間働けるビザ(OPT)を取得することができます。

(詳しくは留学コースのビジネス留学でご確認ください)

 

海外で働きたいと願う人たちを留学Oneは応援します!

 

留学One限定のサポート体制

 

- ビジネスコース申込の方には、「UCSDビジネスの会」に入学前からご入会・ご参加いただけます。地域や就職などの情報収集に絶好の場です。詳しくはお問い合わせください。

 

- ご希望の方にはキャリアカウンセリングの機会をご提供するとともに、アメリカの就職事情に詳しい卒業生をメンターとしてご紹介します。