【大学生語学&ビジネス留学】留学お役立ちアプリ トップ3!

こんにちは!学生インターンのMayuです。今日はサンディエゴ留学でめちゃくちゃ役立つアプリたちを紹介したいと思います!正直留学前に持ち物は入念に準備していても、アプリに関しては全く手が回りませんよね?  もちろんアメリカに着いてからのインストールで問題なし!アメリカ生活でフル活用できちゃうアプリをピックアップしました!

①ライドシェアアプリ「Uber」
一般のドライバーに目的地まで送迎してもらうライドシェアサービス専用アプリ。予約前に所要時間と料金がわかるうえに、クレジットカードを事前に登録するのでドライバーに直接お金を渡す必要もありません。日本でも東京一部地域で利用されていますが、アメリカではとにかく便利!夜遅くに帰宅する時や、学校に遅刻しそうな時の強い味方です(笑)  同じサービスを提供する「Lyft」も同時にインストールすると、さらに便利です。

②送金アプリ「Venmo」
いわゆるネットバンキングに近い機能を果たしてくれるのがこのアプリ。アメリカの銀行公式アプリでは振込みができないので、このVenmoを使って相手の口座にお金を振込みます。インストールにはアメリカのAppleアカウントを現地で作成する必要がありますが、友人との旅行後にお金のやりとりをする際は本当に役に立ったので、おすすめです。

③宿泊予約サービス「Airbnb」
旅行先で宿泊したいけど、ホテルが高い…!
そんな時に便利なのがAirbnb。登録されたホストの一般民家の一部屋から家屋まで格安で提供されています。私がサンフランシスコで利用したときは、大勢で来たにもかかわらず、ホストがたくさんの食事やシャワーを用意してくれていて、まるでホームステイかのごとくフレンドリーに接してくれました。ホテルでは体験できない温かみのあるコスパ抜群の宿泊を楽しむのもいかがでしょうか。

以上が私がアメリカに来てフル活用しているアプリです!見ず知らずの土地での生活ならインターネットはなおさら必須。日本でなかなか使う機会のないアプリで、新たな発見をしてみてください!