OPT-アメリカで働くチャンス!


OPTについて説明します。OPTとはOptional Practical Trainingの略で、アメリカで働きたい人にとって魅力ある制度です。



知っておきたい!OPT (Optional Practical Training) 基本情報

・OPT期間中の学生ビザ(F-1)保持者は職業トレーニングとして

 合法的に働く権利が与えられる。

・アメリカの教育機関で英語以外の科目を

 フルタイムで9ヶ月以上学んだ人に与えられる

・仕事の内容が学校での専門と一致している必要がある

OPT期間は12ヶ月。理系を学んだ方は17ヶ月の延長ができる (STEM extension)

   STEM Degree= Science, Technology, Engineering or Mathematics

OPTステータス保持にはフルタイム・パートタイム・自営業・ボランティア・インターン

 などが適用される(必ずしも収入がなくてもよい!)。


詳しくは米国移民局(USCIS)のページ参照



UCSDエクステンションの場合、ビジネスマネジメント・ビジネスエッセンシャル・TEFLコースプログラムにてOPTが取得できます。



OPTのメリット

・卒業後アメリカで職務経験が積める

・アメリカで長期で働きたい人はOPT期間を雇用先での試用期間に充て

 就労ビザをサポートしてもらう足がかりを作ることができる



その他、OPTで知っておきたいこと

・仕事を始めた、辞めた、変更したなどの連絡を10日以内に行う義務がある

・卒業後、EADカードが届くまでは国外に出られない(再入国できない)

・OPT申請は卒業前90日~卒業後60日の期間中に行わないといけない。

・OPT申請してから承認・EADカードが届くまでに1~3ヶ月かかる

・OPT開始日は申請時に決定しなければならない。卒業後60日以内が開始日。

 →仕事面接期間・一時帰国などの休暇も考慮した上で決めること

・1年間のOPT期間中、仕事をしていない期間は90日まで許される。

 (Grace Periodと呼ばれています)

・1回目のOPT後、さらに上のレベルの教育を1年以上受ければ再度OPT申請可能。




つまり、アメリカに出来るだけ長く滞在したい方の場合は、卒業後60日ぎりぎりのところをOPT開始日として申請すればよいですね。


例えば、3月1日卒業の方の場合、5月1日を開始日にすれば、翌年の4月30日がOPT期限となります。




ちょっとセンシティブなビザやOPTについてのお問い合わせは

メールお問い合わせフォームからどうぞ。