ケンタッキー州の情報

先日もご紹介しましたが、我らがR1メンバーのKさんがケンタッキーの大手日系企業で就職することになりました。アメリカで働くことを目標に留学したKさん、快挙です。

Kさんはカントリー音楽が好きで、アメリカのあらゆるところを旅されていましたが、ケンタッキーは未踏の地。ケンタッキーはトヨタのお膝元として知られていますが、ネットで調べても情報がほとんどないのだとか。

 

そこで、元ケンタッキー住民の知人Sさん(40代男性)にケンタッキーについて話を聞いてきました。なかなか興味深い内容でしたので、メモ代わりに残しておきたいと思います。支離滅裂な内容ですが、ご興味あれば以下お付き合いください。

 
○シンシナティとケンタッキーの間(州境)にオハイオ川が
流れていて、これを境に南側の人は南部なまりで話す。
川を越えて北に行くと面白いほどに南部なまりは消える。
 
Sさんはこの川で釣りをしたりBBQをしたり
していたそうです。釣れる魚はブラックバスとなまずのみ。
なまずは黒人の人がよく食べるので釣っている姿をみかける。
 
白人も黒人も人々はみな驚くほど親切。
 
この川で釣りをしていた黒人の男性に
「釣ったなまずをあげるよ」と言われたこともあるけど
なまずは食べないからと言って断わったらしい(笑)
 
ちなみに白人と黒人については
別々のエリアに居住していて、特定の公園や
黒人のいるエリアに行かないと黒人を見ることはないらしい。
 
一方ラティーノはかなり少ないものの
どういうわけかおすし屋さんで働いているのはラティーノ。
白人や黒人のすし職人はいないらしい。
 
アジア系はそこそこいる。
 
○Sさんはトヨタ系の税理士事務所に勤務していたので
トヨタ紡織にも行ったことがあるらしい。
 
主な仕事はテネシーにある子会社のほうだったけど
ときどきケンタッキーのオフィスにも行っていた。
とてもキレイなオフィス。
 
テネシーの子会社の人たちは1ヶ月に一度の会議のときに
車で8時間運転してケンタッキーのオフィスまで通っていた。
 
車を2時間以上運転するのは当たり前。
 
○ケンタッキーは旅行で行ってもよさが分かりにくいが
住んでみると良さがわかるところ。
 
楽しみ方はゴルフ(安いしゴルフ場がたくさんある。
平日も週末もプレイしている人もいた)とBBQ。
 
飲みに行ってもはしごする感じではなくて
場所を決めて行って、そこで飲むスタイル。
(サンディエゴでいうガスランプのように
レストランやバーが軒を連ねているところが基本的にない。
1箇所、レキシントンだかルイビルだかにあったが、とのこと)
 
○人とは仕事を通じて知り合っていたような気がする。
トヨタ系が多いので日本人もけっこう多かった。
「トヨタ会」なるものも存在。
 
シンシナティ経済圏から一番近い日系マーケットは
レキシントンにあったが、サンディエゴのミツワより小さい。
確か日本の本屋さんもなかったと思う。
(活字が恋しいときは言ってください、本送ります!とKさんに伝えました)
 
レキシントンが日系のものが一番集まっている街だが
そこまで行かずともアジア系のマーケットがちょこちょこあるので
そこで基本的な買い物を済ませることができた。
 
○イベント関連は
ケンタッキーダービーは確か毎年5月、
Thunder Over Louisvilleという花火大会もある。
日本の花火大会を圧倒的に越える量の花火が上がって
花火の風情などない感じ(!?)
 
その他イベントは思い出せないが冬には樹氷を見ることができる。
(木に積もった雪が夜の間に解けて、氷になって
木が氷にコーティングされた状態になる)
毎日見れるわけではないが、ときどき樹氷が見られる。
 
季節は日本と似ている。
 
○シンシナティなど周辺は
一部行かないほうがいいエリアというのは存在するものの
基本的に安全だと思う。
 
○空港などにも売っているバーボンの会社が出している
ホットソースが美味しかった。
 
○ケンタッキーの唯一の難点はキレイな水(海・湖・川)がないこと。
カナダから流れてくる川はケンタッキーにつく頃にはあまりキレイとはいえない。
でもSさんはリタイアしたらケンタッキーに住みたいと言っていました。
 
Kさんのますますのご活躍をサンディエゴよりお祈りしています!
 
サンディエゴ留学・ホームスティのお問合せはこちらからどうぞ。