英語プログラム 時間割例

10週間の英語コースをリアルに知っていただくために、実際の時間割をご紹介します。ここでは2011年にビジネス英語を受講したAさんの時間割を例として使います。

Aさんはスピーキングとリスニングを集中的に伸ばしたかったそうで、選択科目にConversationとListeningのクラスを選んだそうです。

 

【時間割】   ---------------------------------------------------------
月・水・金
 8:30-10:20am   American Business Studies
10:40-12:20pm   Core Class(全プログラム共通の総合英語クラス)
14:00-15:30pm   Business Writing (月・水のみ)

 

火・木
 9:30-10:20am  Academic Listening

12:30-14:20pm   Grammer
14:30-16:20pm   Conversation
-----------------------------------------------------------------------

青色の選択科目は、選んだプログラムに応じて、

プレゼンテーション、TOEIC対策、ライティング、
カリフォルニアカルチャー、フィルム、
アメリカンミュージック、

ボキャブラリー、発音、ビジネス用語、ビジネスプレゼン、
MBA・大学院入試対策(GMAT, GRE)などなど

複数のクラスが準備されています。

 

この学生さんはスピーキングとリスニングを伸ばしたかったので
ビジネス系に加えてConversationやListeningを選んだそうです。

 

なお、時間割はAさんが受講した当時のものです。
選択クラスが変更になっている可能性があります。あくまで参考としてご活用ください!


ここまで詳しい情報が提供できるのは留学Oneだけです★
ご質問はこちらのフォームからお気軽にどうぞ!