ホームスティとアパート、どっちがいい?

アメリカ人家庭 (イメージ)
アメリカ人家庭 (イメージ)

留学するときの住まいには大まかに以下の選択肢があります。

 

①学生寮

②学校の紹介するアパート

③ホームスティ

④ルームメイトとシェア(サブレット)

 

それぞれの長所と短所を並べてみました。

 

 

①学生寮

長所:

○キャンパス内に位置しているので通学はとても便利

○UCSDの学生がルームメイト。気の合うルームメイトとあたれば、親しい関係に。

○ベッドや机は備え付けなので買う必要がない。(リネンや枕は自分のものを用意)

短所:

●サマースクール時期以外はいつも一杯で空きがない。

●学校の近くにスーパーなどがないことも多く、買い物が不便

●部屋がとても狭い。しかもその狭い部屋を2人でシェアする寮がほとんど。

(プライバシーを重視し、静かに生活することに慣れている日本人には向かないかも)

●部屋の狭さなどの割には家賃が割高。

●学部生の寮の場合、週末はドンちゃん騒ぎをはじめる学生がいることも・・・

 

②学校の紹介するアパート

長所:

○学校の近くのアパートの一部屋を簡単に借りることができる。

○各国から集まる留学生がルームメイト。各国の友人ができる。

○ベッドや机は備え付けなので買う必要がない。(リネンや枕は自分のものを用意)

○部屋を借りるときに要求されるリース契約、クレジットチェックが必要ない。

短所:

●ルームメイトを自分で選ぶことができない。

●ルームメイトも留学生の場合、ネイティブと英語で話す機会がない。

●リース契約・クレジットチェックがないため家賃がかなり高い
(月額1,100ドル以上が普通)

 

③ホームスティ

長所:

○アメリカ人家庭に入り、アメリカ人の生活を知ることができる

○日常的に正しい英語を使う機会に恵まれる

○ベッドや机は備え付けなので買う必要がない。(リネンや枕も貸してもらえる)

○希望によって朝食・夕食をつけることも可能(追加料金)

○いい家庭にあたれば、一生モノの付き合いとなる。コネクションとなる。

短所:

●家庭により質のばらつきがあ

●ハウスルールは家庭によりけり。なかにはルールが厳しい家も。

 

④ルームメイトとシェア(サブレット)

長所:

○自分ですべて選ぶことができる(場所も、ルームメイトも)

○すべてが自由

○サブレットであればアパートを契約する必要はない(ルームメイトに支払い)

短所:

●自分のベッドや机を準備しなければいけない

 

もし1年かそれ以上滞在する予定の方は、まずはホームスティでアメリカを体験したうえで、こちらでできた友人と一緒に住むようになるケースもあるようです。

 

ホームスティご希望の依頼が多いので、新しいご家庭を訪問してきました。日本人の視点で、家族のフレンドリーさやお宅の清潔度、食事の内容などチェックしています。

 

ご紹介しているホストファミリーの一例はこちらでご覧いただけます。