TEFLコース(英語教授法)

TEFL (Teaching English as a Foreign Language)

現代の英語教授法のテクニックについて学ぶコースです。

TEFLとTESOLの違いって?

 

○TEFL 入門プログラム (3ヶ月) 

  TEFL Proficiency Program

英語教授法の基礎を学ぶ3ヶ月のコースです。英語を母語としない人を対象に英語を教える際のプレゼンテーションの方法や発音、ライティングなどを学びます。

 

○TEFL プロフェッショナル修了コース (6ヶ月) 
 TEFL Professional Certificate

英語教授法のスキル向上にフォーカスした6ヶ月のコースです。英語を母語としない人を対象にした現代英語教授法を学びます。最新のティーチング法や課題の出し方、授業の運びなどを集中的に学びます。コース修了後にはサーティフィケート(修了書)が発行されます。英語教師を目指している方、既に英語教師で知識やスキルを高めたい方、英語教育に興味のある方におすすめです。

 

○TEYL   幼児・子どもへの英語教授法

 Teaching English to the Young Learner 

6ヶ月のサーティフィケートコースの受講者は子ども向けの英語教授法のサーティフィケートを同時に取得することができます。サーティフィケート発行料の100ドルを追加することで幼児・子ども英語に関する必修科目9単位・選択科目3単位を受講することができます。 

 

TEFL入門プログラム(TEFL Proficiency)&

TEYL幼児・子どもへの英語教授法プログラム

 

 

2017年スケジュール(3ヶ月)

1/10~3/24, 4/4~6/16, 6/27~9/8, 9/26~12/8

2018年スケジュール(3ヶ月)

1/3~3/16, 3/27~6/8, 6/26~9/7, 10/2~12/7

 

TEFLプロフェッショナルサーティフィケート

 

2017年スケジュール(6ヶ月)

1/10~6/16, 4/4~9/8, 6/27~12/8, 9/26~3/24(2018年)

2018年スケジュール(6ヶ月)

1/3~6/8, 3/27~9/7, 6/26~12/7, 10/2~3/16(2019年)

 

TEYL幼児・子どもへの英語教授法プログラム(TEFL Proficiency)

→TEFLプロフェッショナルサーティフィケートと同時に取得可能です(3ヶ月)。

 

入学条件

TEFL入門プログラム

英語力:TOEFL 525/69、TOEIC 690、IELTS 6.0、

ケンブリッジ英検 FCE or Advanced Exams: Pass, TEPS 600

のいずれか

 

TEFLサーティフィケートプログラム &
TEYL幼児・子ども向け英語教授法プログラム

英語力:TOEFL 540/78、TOEIC 740、IELTS 6.5、

ケンブリッジ英検 Cambridge Advanced or Proficiency Exams: Pass, TEPS 660

のいずれか

 

申請必要書類

最近2年間の成績証明書

TEFLサーティフィケートコースを受講する動機を説明した英文エッセイ(1ページ)

 

授業料・その他費用(2016&2017/US$)

授業料 

TEFL入門コース $4,750

TEFLサーティフィケートコース $8,300

TEYL幼児・子ども英語教授法コース $4,750  

(上記の別コース受講の場合は、追加のクラス受講費用約$850と修了書発行料$100)

出願料 $200 FedEx費 $50 

教材費 $400程度/学期

学生サービス(ISS)費 $350/学期

 

※TEFL入門コース(proficiency)受講直前に8週間の英語コースや他のTEFLコースを受講した方にはTEFL入門コースの授業料から250ドルのディスカウントがあります。

 

※TEFLサーティフィケートコース受講直前に8週間の英語コースや他のTEFLプログラムを受講した方は6ヶ月のTEFLサーティフィケートの授業料から500ドルのディスカウントがあります。

 

英語コースについてはこちらでご確認ください。


TEFLサーティフィケートコース 

お問合せ・お申し込みはこちらからどうぞ。

 

人気授業紹介 インタビュー記事 
①キム・ローガリ先生(文法・英語教授法)

 

留学体験談

①北村貴恵さん(元小学校教諭でTEFLコース受講) ・・UP予定

 

お問い合わせはこちらから

お申込はこちらから

 

TEFL受講者の声 <ビデオ>

 

 

日本で英語教師の経験があったKumiさんと英語教師を目指すUCSDの学生AlexさんがTEFLプログラム受講した感想を語っています。

 

KumiさんはUCSDのTEFLコースを選んだ理由に、アメリカ西海岸で一番のコースだと勧められたこと、日本で教師の資格を持っていなかったのでサーティフィケート(修了書)を取得したかったことを挙げています。